Posted by at

2010年09月10日

教えて~♪

選択の間違いを悔いる事ほど、
別の選択をしてても
同じく悔いてただろう・・・

by千尋

  続きを読む


Posted by 千尋 at 14:35Comments(16)知らんわ~

2010年07月05日

こんな事で記事になるかの~実験♪

100均でロケットえんぴつを探してましたので
2日間ブログ放置でした(大嘘)

  続きを読む


Posted by 千尋 at 09:23Comments(18)知らんわ~

2010年05月27日

なぜだ!?

巷でよく耳にする
「ヒーハー」
とは何ぞやicon66

もはや「ヒーハー」の代名詞

あっ!これは呂明賜「ろ めいし」
・・・あっ!しまった!!ウサギ軍の選手をブログに載せてもうたicon196
  続きを読む


Posted by 千尋 at 13:57Comments(18)知らんわ~

2010年01月07日

どうなんでしょう?

キッコーマンのしょうゆを買ったらこんなモノがおまけに・・・icon97






袋を開けてみたicon14




何気にかわいいかもicon06



携帯に付けてみたicon97





ん~face06どうなんでしょうicon60

icon75どうなんでしょう?icon06  


Posted by 千尋 at 20:06Comments(22)知らんわ~

2009年11月11日

クリスマス

が近くなってますねicon154
ってまだ、1ヶ月以上もあったかicon11

クリスマスを英語表記した場合、なんで
「Christmas」が
「X’mas」
なんだろう?って思った事ないicon66

ちょっと調べましたicon97

英語のChristmasの略記として、19世紀の英語圏では「Χ」にアポストロフィを付けてX'masとしたり、「Christ」の末字"t"を「Χ」に上付き添字したXtmasとする表記が多用されていた。現在の英語圏ではXmas、あるいは、X-masと綴る。また、フランスでは、X'Masと表記する例も散見される。非キリスト教圏である日本・台湾・東南アジアではX'masとの略記が見られる(この略記については、現代の英語圏で使用されないことからEngrishと見なしたり、誤用と明記する日本の辞書も存在する)。なお、日本では「Xマス」とも略記する。
これらの略記における「X」は、ローマ字の「X(エックス)」と同じ形であるギリシャ文字の「Χ(カイ)」に由来する。すなわち、英語の「Christ」を、ギリシャ語原表記「Χριστος」の頭文字であるΧ(ローマ字でのchに相当)を以って表したものである。これは略記であるため、正式な場や文脈では避けられる。


・・・ってか、知らんわ~icon08

そして、長年の疑問も1つ
「ナンバー (number)を略すと何で[No.]なんやろか?」

[No.]は、番号を示す数字の前に置かれる記号であり、日本語では「ナンバー」と読まれる。番号記号の#と意味はほぼ同じで、たとえば[No.5]なら5番の意である。元々ラテン語で「数えると」という意味のnumero(numerusの単数奪格)の最初と最後の文字を取って[No.]となった。英語ではnumero signと呼ぶ。

・・・ってか、知らんわ~icon08

もうちょっと簡単に教えていただきたいモンだicon100

なんか趣旨がわからんブログUPになっちゃいましたので、
写真を1つicon97


この看板、うまいよね~face03  


Posted by 千尋 at 16:42Comments(10)知らんわ~